垂れ幕の基礎知識

垂れ幕の基礎知識を知って有効活用

垂れ幕を作る際、何に気を付けたらいいかや、どこに依頼したらいいかが分からないという人も多いでしょう。ここでは、垂れ幕に使用される素材の選び方や、サイズの決め方、そして製作業者の選び方について紹介します。

素材の選び方

垂れ幕は、屋内や野外などのさまざまな環境で使用されるため、使用環境にあった素材を選ぶ必要があります。まず1つ目に挙げられる素材は、「ターポリン」と呼ばれるものです。ターポリンは、ポリエステルでできた生地であり、耐久性が特に高いことが特徴です。そして日光や雨にも強いため、野外に常設することも可能です。2つ目に挙げられるのは、「メッシュターポリン」と呼ばれる素材です。メッシュターポリンは、生地に小さな穴が複数空いているため風に強いという特徴があります。なので海辺や山岳などでの使用に向いている素材だと言えるでしょう。そして3つ目に挙げられるのは、「トロマット」と呼ばれる素材です。トロマットは最もスタンダードな素材であり、折りたたんでもシワができにくく、汚れたら洗濯することも可能です。

サイズの決め方

垂れ幕は、素材だけでなくサイズ選びも重要になります。なぜなら、サイズ選びを間違えるとさまざまな不都合が起こる場合があるからです。例えば野外で使用する場合は、サイズが小さいと文字などが遠くから見えないという事態が起こりえます。ですので野外で使用する目的がある場合は、遠くからでもよく見えるように、ある程度大き目のサイズのものを選ぶ必要があると言えるでしょう。そして屋内で使用する場合は、サイズが大きすぎると邪魔になってしまうことがあります。特にお店などで使用する場合は、サイズが大きすぎると、スタッフが動きにくくなるばかりか、お客様の邪魔になってしまうこともあるでしょう。ですので、サイズを選ぶ際は、使う場所や目的を十分考慮した上で適切なものを選ぶ必要があると言えます。

製作業者の選び方

垂れ幕の製作を行っている業者は沢山あるため、どの業者に依頼したらいいか迷う人も多いでしょう。以前は近隣にある業者の店舗で注文するのが普通でしたが、最近ではインターネット上での注文も可能なため、さまざまな業者から選ぶことが可能な状況にあると言えます。しかし以前のように業者のスタッフと直接会って相談や注文をしたいという場合は、店舗へ直接行ける業者を選ぶとよいと言えるでしょう。ただし、店舗が近くにない場合や、さまざまな業者を比較検討した上で選びたいという場合はインターネットで注文できる業者を利用すると便利です。いずれにしても、業者選びのコツとしては、複数の業者から見積もりを取るという方法が挙げられます。ほかにも、ホームページに掲載されている実際の製作例を参考にして選ぶという方法も一つのコツだと言えるでしょう。

手持ちの横断幕人気サイズ90×60cmが1180円(屋内トロマット・税別)からご提供! ご友人様からのご紹介で新規のご登録が急上昇中!部活動、スポーツ応援幕は特にご支持をいただいています! ポイントをご購入いただくほど、更にお得にご利用いただけます! サイトにて制作の流れをご案内しておりますのでご覧ください。 垂れ幕のことなら全力サポート致します