垂れ幕の役割と効果的な使い方

垂れ幕の役割を知って、効果的に使う方法

垂れ幕とは、展示会、店頭、学校、イベント会場、記念行事・式典などといった様々なシーンで見られる旗です。この記事では、代表的な使用用途と、どのような種類の垂れ幕があり、それぞれどのような効果が得られるのかを紹介したいと思います。

店頭での垂れ幕の役割

日常生活において、垂れ幕が目に入る場所として、まず挙げられるのが、店先の垂れ幕というものがあります。飲食店のみに限らず、小売り、サービス業などさまざまな店頭で目にする機会があります。それは、垂れ幕があることで、ひと目でそのお店が、どんなお店なのかわかり、またどのようなサービスをしているのかも一目瞭然で分かるというメリットがあります。これにより、毎日その店の前を通る人が、いざ、そのサービスが必要になった時に思い出してもらえる可能性も高まります。そして、遠くから該当するお店を探している人間にも気付いてもらいやすいというメリットもあります。そのうえ伝言掲示板のようなに置いているだけで電気代がかかるなどの維持費が掛からないことも大きな強みでしょう。

垂れ幕はメッセージを送るのに最適

垂れ幕には、店頭での宣伝や告知などの営利目的以外にも使用用途があります。プロ野球観戦をする際にファンが選手にメッセージを送る、コンサートなどで歌い手にメッセージを伝えるなどといった使い方もされます。多くの人がいる中で、特定の人間にメッセージを伝える手段としても、非常に効果的といえます。その際は、黒色や紺色などの色の濃いの生地に色抜きの文字を書くとより目立ちます。また、そのような使用用途で使う場合は、たびたび折り畳むことが予測されますので、布製の垂れ幕を選ぶことが得策です。雨天での使用が予想される場合は染め抜きよりも文字の刷り込みが印刷されたものを使う、近くに火がある場合は防炎加工されたものを使うなどの考慮も必要です。

使用頻度をよく検討することが大切

垂れ幕に書く文字について、まず、どのような用途で使うにしろ、相手に伝える必要があります。そのような理由から、漢字が多過ぎるものや文字数が多いもの、あまり一般的に使われない単語を使用しているものは犬猿される傾向にあります。垂れ幕を業者に発注する場合や個人で作成する場合も、相手にできるだけ短い文字数でメッセージを伝えることができるように書く内容は吟味する必要があります。さらに、素材の性質上、長時間の直射日光や、雨風に長い間さらされていると、傷みやすく、こまめな塗り直しや、メンテナンスをすることが大切です。長期に渡り使用する予定があるなら、業者によっては複数枚発注すると 1枚単価が安くなる所もあります。よく使用頻度を検討し発注することが賢明です。