宣伝活用できる垂れ幕

便利で宣伝になる垂れ幕と、その作り方

新しく商店を開いた方、文化祭や地元のお祭りで屋台を出すことになった方、お客さんが来るかどうか不安に思っていることでしょう。宣伝ビラを配ったり、声を張り上げて宣伝をして、集客に奮闘しているんじゃないでしょうか。でも、こうした宣伝をするのは大変ですよね。そんなときに便利なのが垂れ幕です。

宣伝に便利な垂れ幕

垂れ幕とは、文字などが書かれた垂れ下がっている幕のことで、多くの人に何かメッセージや情報を伝えたいときに用いられるものです。企業などの広告や宣伝、学校などのスポーツや受験での実績を示すために用いられています。
垂れ幕がほかの宣伝方法より優れている点は、いったん作ってしまえばそのまま設置したままにしておいてもずっと目立って宣伝効果があるということです。お店を新しく出すことになった人は特に人手が足りないでしょうから、この垂れ幕の放っておくだけでも宣伝になるというのは大きなメリットになります。また、色を派手にしたり、大きい垂れ幕を作ることで飛躍的に、しかも簡単に宣伝効果を高めることができます。こうしたメリットのある垂れ幕、どのようにすれば作れるのでしょうか。

垂れ幕の作り方

垂れ幕の作り方でまず簡単なのは、垂れ幕を製作している会社に依頼することでしょう。近くにそうした会社があれば依頼してみるのがよいでしょうし、最近ではインターネット上にも多くの製作請負を行っている会社が多くあります。多少お金はかかりますが、プロが作った垂れ幕は宣伝効果も高いのではないでしょうか。細かい指定にも業者さんによっては応じてくれるでしょう。
また、お金の節約になる方法として、垂れ幕を自作するというものもあります。パソコンの使える環境とプリンターがあれば、お手軽に作ることができますし、そうでない場合でも紙や布とマジックペンなどを用いて手作りをしても良いでしょう。一方で、手作りをした時にはふさわしいデザインをしないと宣伝効果は落ちてしまいます。

垂れ幕のデザイン方法

では、垂れ幕を自分で作るときには、どういう手順でどんなことに気を付けてデザインをすればよいのでしょうか。
まず第一に、どんなメッセージを、誰に、何の目的で伝えるのかを決めましょう。これらを具体的にすることで、よく伝わる垂れ幕デザインになります。また、メッセージは短い方がわかりやすくなります。
次に色使いを実際に決めていきます。地の色と文字自体の色は対照的になるようにすると人目を引ける垂れ幕になります。この際気を付けるべきことは、補足の情報は控えめな色にして一番伝えたいことがちゃんと目立つようにすることです。
この2ステップで垂れ幕のデザインは優れたものになるでしょう。宣伝方法に困っている人は、ぜひ垂れ幕を使ってみてはいかがでしょうか。